スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by aomu0815
 
[スポンサー広告
お知らせ
当ブログを読んでくださっている皆様、ご無沙汰しております。

ブログの更新をしばらく休んでおりましたが、実は2月に男の子を出産しまして

ただいま2人の子育てで毎日忙しい日々を送っております。


当初は3月に出産予定だったので、あまり準備もせずにゆっくり構えていたのですが

1月末に妊娠34週で切迫早産と診断されてしまい、最寄りの田舎の病院では未熟児を出産

できないため隣の州の大きな病院で入院しておりました。

結局36週になり地元の病院に転院した日に生まれたのですが、幸い安産で赤ちゃんも

健康そのもの、すくすく育ってムチムチしています!

私の入院は突然のことで娘にとっても心の準備ができていなかった中、夫と義理の両親からの

サポートのおかげで乗り切ることができました。


今しばらくは育児に専念して、また心と時間に余裕ができたらブログを書ければと思っています。

スローペースなブログですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

blog 




スポンサーサイト
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[はじめに
ついに入居へ
気が付けば11月は記事を更新せぬまま終わってしまいました・・・

カナダ東海岸はすでに雪景色です。

P1570617.jpg
(庭から見える夕暮れ)

まだちょっと冬を迎える心の準備ができてませんでしたが、連日大吹雪です。


さて今回の記事はものすごく遡って去年の夏の話になりますが、改修工事中の

我が家へ引っ越ししたときの話です。

この時娘はまだ生後2ヶ月ちょっとだったので、ヘロヘロの私は戦力外。

そこで義父母に加えて友人ご夫妻が快く引っ越しを手伝ってくださいました。

写真は居候していた義父母の家から荷物を運び出して車に積んだところ。

P1500082.jpg

我が家を購入したときには、まさか義父母の家に5年もお世話になるとは思っても

みませんでしたが、文句も言わずに快く居座らせてくれた義両親には本当に感謝の

気持ちでいっぱいです。


家の中にどんどん荷物を運んでいきますが、ヴィクトリアン家具は本物の木でできて

いてサイズがデカいものが多いので運び込むのも一苦労です。

妊娠前は私もこういう家具もがっつり担いでいたためその大変さが分かるので、

手伝ってもらった皆さんには本当に申し訳なく思いました・・・

P1500087.jpg


実はこの引っ越しは、私の両親と妹が日本から我が家を訪ねてきたほんの

数日前に行ったのです。

P1500090.jpg

この1週間前には床も出来ていない状態で、義父と夫と大工さんで猛スピードで

連日連夜作業してなんとかここまで仕上げたのでした。

でもこの日本からの来客がなければ、きっと仕上げにダラダラと時間がかかって

いたので、結果的には良かったのではないかと思います。


なんとか片付いた様子をちらりとご紹介。

こちらはキッチン。

P1500432.jpg


1階の手洗い。

P1500436.jpg


引っ越したもののまだ完成してないので我が家にはいまだドアが付いていないの

ですが、さすがに1階の手洗いには必要だろうということで大工さんが1箇所だけ

付けてくださいました。

P1500442.jpg
(しかし、ドアノブはまだ付いていません。笑)


ちなみにこのドアと蝶つがいは元々家に取り付けられてあったものを自分たちで

修復して再利用しています。

P1500439.jpg


応接間からダイニングルームを見たところ。

やっぱり床がインパクトありますねー。

P1500424.jpg


応接間。

部屋の半分はまだ取り付けが終わっていない建築資材置き場にせざるを

えませんでした。

P1500423.jpg

こんな感じでギリギリの引っ越しだったため、日本からの家族へ大したもてなしは

できなかったものの、おかげさまで娘のお食い初めを皆で一緒に祝うことが

できました。

余談ですが、うちの母が作ってくれた春巻きが義父母に大好評でした。


そしてこちらが現在の応接間。

P1570472.jpg

クリスマスツリー、出しました。


よく見ると、いろんなところがまだできていないことに気づかれると思いますが

こんな感じで住んでいます。

P1570468.jpg

2010年から始めた我が家の改修工事は、入居によってひとまず一区切りが

つきました。

10年越しで東京オリンピックまでには完成するといいなと思っています。笑


blog 



Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[完成なるか改修工事:内装編
手芸作品の展示会へ
気が付けば10月ももうすぐ終わり。

カナダ東海岸の紅葉は感謝祭頃に見ごろを迎え、先日の大雨強風でほとんど

落葉してしまいました。

P1560927.jpg


さて2週間ほど前の話になりますが、ノバ・スコシア州アマーストで開催された『ファイバー・

アーツ・フェスティバル』に行って来ました。

まず訪れたのは、キルト作品の展示が行われた教会。

P1560963.jpg


地元の方々が制作した美しく個性的なキルトたちがたくさんありました。

P1560962.jpg


地元の風景をキルトにした作品もあってとても素敵でした。

P1560966.jpg


続いて訪れたのは、町役場。

5日間開催されたこのイベントのメイン会場です。

壁に飾られていたのは立体的なフェルト作品。

額もいい感じです。

P1560974.jpg


クロシェ作品の展示もありました。

P1560975.jpg


クロシェ好きなうちの母が好きそうな作品がいっぱいありました。

P1560976.jpg


なんと、『和』なディスプレイもありました。びっくり!

P1560986.jpg


日本のパッチワークを意識した素敵な作品ですね。

P1560985.jpg

本当はもっと色々な会場を回ってこの場で紹介できればと思っていたのですが、

おんぶされてた娘がお昼寝タイムに入ってしまいやむなく帰宅しました。

ここアマーストは地理的に日本からかなり遠いのですが、日本の手芸好きの方々が

参加しても十分楽しめる手芸の祭典だと思うので、これからもっと広まるといいなあと

思っています。


最後になりますが・・・

ハロウィン用のパンプキンを初めて買ってみました。

P1570017.jpg

うちの庭で採れたかぼちゃ(左)と比べてかなり大きいですね~


その後夫が娘と一緒にカボチャをくり抜いてランタンを作りました。

P1570059.jpg

今年は娘を連れてハロウィンデビューしてみようと思っています。


blog 



Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[ノバ・スコシア州
いよいよ1階のフローリング!
実は今年から我が家の庭に野菜畑を作ってまして、(とはいってもお世話をしてくれて

いるのはほとんど義父なのですが・・・)3人家族には多すぎるほどの大量の野菜が

出来ています。

形もサイズもバラバラですが無農薬ですし、おかげでスーパーで野菜をほとんど

買わなくていいので家計が助かっています。

P1560352.jpg

特にトマトとじゃがいもが美味で、野菜の味がしっかり感じられるのがうれしいです。


さて、今回の改修工事の内容はいよいよ1階の床の施工についてです。

1870年代頃に建てられたこの辺りの家では、よく下の写真のように2色使いの床が

見受けられます。

P1240339.jpg


P1240409.jpg

上の2枚はいずれもノバ・スコシア州アナポリス・ロイヤルにあるB&Bの写真です。

我が家も同時期に建てられた家なので、ぜひとも2色使いの床を実現したい!と

希望した夫。

しかし、さすがに床板一枚一枚を自力で塗装していくのは大変すぎるので、今回は

メープル(明るめの色)とウォルナット(暗めの色)でできた市販の床をホームセンターで

購入しました。

2色の床にする人はめったにいないので、発注を受けたホームセンターの人もびっくりの

様子でした。


さて、せっかくならばひと部屋ずつ違うストライプ模様にしたいと考えた夫。

いつも改修工事を手伝ってくれている大工さん親子に考えた図案を説明し、ダイニング

ルームから作業を始めました。

P1490813.jpg

いつもながら、夫のクレイジーなアイディアをすっと理解して実現してくださる大工さん

親子は本当にすごいと思います。


そしてこれが完成したところ!

ワオ!!!クレイジーだが格好いいぞ!!

P1490851.jpg

大工さんたちも今までこのような床を施工したことがなかったので、技術の見せがいも

あり仕上がりには大満足の様子。


と、うっとり眺めるのもつかの間。

ダンボールでカバーし再び改修工事の作業スペースになりました・・・

P1500026.jpg


続いて応接間。

ちょうど私が育児で超多忙な時期(←1年以上前の話です。)だったので作業中の

写真は撮れませんでしたが、ダンボールのカバーがない部分からちょっぴりストライプ

模様が見えているのが分かります。

P1490945.jpg


そしてこちらがリビングルーム。

P1500027.jpg

このデザインは大工さんの息子さんのアイディアです。

毎度毎度こんなちょっと変わったことをしてるので工事が5年も6年もかかっているの

ですが、とても面白い仕上がりになりそうです。


最後に突然のお知らせですが、来週11日~15日までノバ・スコシア州アマーストで

『ファイバー・アーツ・フェスティバル2016』が開催されます。

このイベントは今年で9回目を迎えまして、5日間朝から晩までキルトや編み物、ラグ

フッキングといった手芸関連の講習、展示、販売が盛りだくさんの手芸好きにはたまらない

素晴らしいイベントです。

手芸好きの日本の方にあまり知られていないのがとても残念なのですが、海外からも

毎年多くの参加者がいるようです。

興味のある方はこちらのイベントHPをご覧ください。

日本語訳があればいいのになぁと思いますが、すべて英語です。



blog 



Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[完成なるか改修工事:内装編
キッチンのバックスプラッシュ
気が付けばもう一年以上前の我が家の写真になりますが、いつもお世話に

なっている大工さん親子にキッチンの壁を仕上げてもらいました。

使ったのはその辺のホームセンターで売っている大理石のバックスプラッシュです。

P1490625.jpg


完成したところ。

P1490947.jpg

キッチンにはあるべきでないありとあらゆるものがあってカオス状態なのは

お許しください。

このバックスプラッシュは天井まで届くところまで貼ってもらったのが私たちの

こだわりポイントです。


あわせて1階の手洗いにも異なる模様の大理石のバックスプラッシュを貼って

もらいました。

ちょっと変わったデザインですが、これもホームセンターで手軽に購入できたものです。

P1500089.jpg

完成写真はまた後日掲載します。


今回の改修工事経過報告はなんとなく呆気なかったので、最後にここ1ヶ月

くらいで作った料理をご紹介したいと思います。


まずはクリーミーサルサ。

P1550935.jpg

材料を切ってお手製ソースに混ぜ合わせるだけの簡単メニューですが、サワー

クリームが効いていておいしいです。

トルティーヤチップスと一緒におつまみとしていただきました。


次にスーパーでセールだったスペアリブ。

オーブンで2時間半かけてじっくり調理しました。

P1550907.jpg

よくカナダでどんな料理を作っているのかと聞かれるのですが、この片田舎では

日本食材が気軽に手に入るわけではないですし、手に入るものも割高なので

7割方こちらの料理を作っています。

6年いると胃袋も慣れて、これだけの『ザ・肉!』もぺろっと平らげられるようになり

ました。


最後にこれは料理とは言えませんがベリーヨーグルト。

P1560235.jpg

義父母の庭になったりんごで作ったアップルソースも添えて。

このベリー類は我が家の庭で取れたものです。

歩き出した娘と毎日庭を散歩するようになって、野生のベリー類があちこちに

たくさんなっていることに今年初めて気づきました。

どうりでクマさんが朝方よく庭に遊びに来てるわけです。

blog 

Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[完成なるか改修工事:キッチン編
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。