スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by aomu0815
 
[スポンサー広告
結婚式の写真
2010年8月28日の私たちの結婚式のときに
家族や友人たちが撮ってくれた写真の一部を掲載します。

雰囲気だけでも楽しんでいただければ幸いです。


・夫の実家の庭にテントを張って行いました。
wedding

・ガーデンウェディングなのでお客様も比較的カジュアルな格好です。
wedding5

・お花は地元のお花屋さんにイメージ写真を見せて制作をお願いしました。
wedding2

・地元でおいしいと評判のケータリングを頼みました。
wedding6 wedding3
スポンサーサイト
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[結婚式
結婚式
8月28日(土)


快晴。


wedding


多くの温かい祝福をいただき、無事結婚式を挙げることができました。

お忙しい中お手伝いしてくださった皆様、当日出席してくださった皆様、

本当にありがとうございました。

また日本からはるばる来てくださった友人4人、叔父叔母にも心から感謝します。



当日あまりにバタバタしすぎて、手元にほとんど写真がないのですが

私とブライズメイドのブーケをご紹介。

wedding flowers




Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[結婚式
結婚式への道 その3
8月26日(木)

あいにくの雨の中、終日式場の設営。

Kemuさんの自宅のお庭を使わせてもらうので

すべての設営を自分たちでしなければなりません。

Kemuさん一家、私の家族、そしていつものお友達の皆様などなど

総勢約20名でなんとか完了。

ほんまいつもお手伝いいただきありがとうございます。


夕食はロブスター ひゃっほーい

それにしてもこの日は異常に蒸し暑かった


8月27日(金)

快晴。

13時より、先日お会いしたミニスターを交えてお庭で式のリハーサル。

やのに12時50分からデッキでホットドッグを作り出すKemuさん一家。

13時、予定通り到着したミニスター。

一緒にホットドッグを食べる。


13時20分、仕切りなおしてリハーサル開始。

役者は以下のとおり。

・新郎新婦

・グルームズメン4名(Kemuさん兄、いとこ)

・ブライズメイド2名(Aomu妹)

・両家両親


最初の入場シーンは特に問題なし。

次にミニスターが手短に次第を読み上げる。

英語を真剣に聞き取ろうとするAomu両親。

その横でコーヒーカップを手に裸足で参加するKemuさん母。


ミニスター「リハやけどここで誓いのキスをどうぞ」

煽るKemuさん母。

ためらうKemuさん、ほっぺにちゅっ

グルームズメン4名 "COMMOOOOOOON"(絶叫)

怒りをあらわにしKemuさんに説教し始めるKemuさん兄。

Kemuさん兄 「お前何やっとんじゃい、真剣にやらんかい!」(和訳やとこんな感じ)

その光景に圧倒されるAomu妹2名。

Aomu家に気をつかったことを説明し、兄をなだめるKemuさん。

苦笑するミニスター。

草をむしり出すKemuさん母。

自由や~

Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[結婚式
結婚式への道 その2
8月21日(土)、22日(日)

Kemuさんの実家にシャンパンゴールドのサンダルが2足届く。

20日のシャワーで、Kemuさんのお母さんが

「結婚式でシャンパンベージュのドレスを着るから、シャンパンゴールドの

靴を探しているんだけどなかなか見つからないのよね~」

といった何気ない一言で、お友達が自分の靴を持ってきてくれたものと考えられます。

なんていいお友達


そしてダブルレインボーを発見。

double rainbow

写真ではなかなか判りにくいでしょうか…

でもなんかええことありそうでありがたや~


8月25日(水)

21時半、日本から私の家族4名がハリファックス国際空港に到着。

Kemuさん家のコテージに泊まってもらう予定だったので

お父さんとお兄さんは、この1ヶ月ほどコテージの拡張工事を行っておりました。

この人たちのほんまの仕事はなんなんやという職人技で無事完成。

そしてお昼間はご近所や親戚のボランティアの皆様にお手伝いいただき、掃除と飾りつけを完了。

cottage

この辺の方々は、何か困っていることがあるとすぐに駆けつけてくださいます。

まさに古きよき「おたがいさま、おかげさま」の精神。

家族も大変喜んでおりました。

皆様本当にありがとうございました。


Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[結婚式
結婚式への道 その1
結婚式の準備の関係で、約3週間けむさんの実家に居候させてもらっており

更新をかなり放置してしまいました

ようやく家に帰り時間ができたので、これまでのことをどばーっと大放出して

いきたいと思います


8月18日(水)

Kemuさんと私の司式を執り行ってくださるミニスター(牧師)による結婚講座を受講。

church

事前に約3時間かかりますよと聞いていたので、聖書を開いてキリスト教とは何たるか等と

いった難しいお話ばかりやったらどうしよ~ってなっていたのですが、

蓋を開けると優しそうな女性が座っており、「自分の家族のことを話しましょう」

とのこと。

さまざまな質問が書かれてあるワークシートに記入することで、自分の育った家庭環境を

見つめ直し、書いたことを3人で話し合うことで、思い出や価値観を共有することが

目的のようです。


ちなみに「子どものころ両親によく言われていたことは何ですか?」という質問について、

Kemuさん「残さず全部食べなさい」

Aomu  「早くしなさい」

やはり日本人は…といった表情でミニスターが大きくうなずいていました。


次に、当日の式で読み上げる次第を確認。

型にはまった言葉を読み上げるのではなく、誓約の言葉や聖書朗読の箇所を

自分たちで選べるなんて素敵ですね

式には日本から家族や友人たちも来てくれるので、私は誓約の言葉を日本語で

言うことにしました。


8月20日(金)

Kemuさんのお母さんとお友達の皆さんがウェディングシャワーを開いてくださいました。

日本ではなじみが薄いですが、ウェディングシャワーとは、婚約が決まった女性に

親しい友人たちが「プレゼントのシャワー」を浴びせるパーティです

weddingshower

お母さんのお友達のコテージ(別荘)で開いてくださいました。

大西洋をバックにワイン片手におしゃべりするマダムたち。

絵になりますね~私もいつかあんな風になれるかしら

コテージの中は、実用的でセンスあふれるプレゼントでいっぱいでした。

初めてお会いする方がほとんどでしたが、気持ちを込めて選んでくださって

本当にありがとうございます!
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[結婚式
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。