行ってみたくなるCM
アトランティック・カナダ4州の中で、特に観光客誘致に力を入れているなと

感じるのがニューファンドランド&ラブラドール州。


以前の記事でも紹介させていただきましたが、同州のTVコマーシャルが

人々の暮らしや自然の魅力を見事に伝えていて、本当にすばらしいと思うのです。


絵本に出てくるようなカラフルな家々、様々な表情を見せる自然、浜から吹いてくる風・・・

そうそうカナダ東海岸の風景ってこんな感じ・・・だけどそれを映像で伝えるのってなかなか

難しいと思うんですよね。

それでもテレビ番組の間に同州のCMが流れると、1分間という長さを忘れて思わず見入って

しまいます。


そんな素敵なCMを、当ブログでも少しご紹介させていただきます。












blog お金の使い方にセンスが出てるよね。by小次郎

写真素材 PIXTA








Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[ニューファンドランド&ラブラドール州
小次郎よりごあいさつ
小次郎です。

暑中お見舞い申し上げます。


P1060703.jpg

皆様には、いつも当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

また温かいコメントやブログランキングへのクリックなどでの応援、大変感謝して

おります。


私事で恐縮ですが、数日前、鼻の周りを怪我してしまいました。

理由は・・・聞かないでください。

こう見えてもオスですから、夏ですから、色々あります。


さて、日本にお住まいの皆様には、節電でさぞかし暑い夏をお過ごしのこととお察しいたします。

この暑さの中、いかに涼しく過ごすかということでそれぞれ工夫が求められるわけですが、

私からも少し涼しさを感じていただけるようなニュースをお届けしたいと思います。


現在、ニュー・ファンドランド&ラブラドール州の沿海には巨大な氷山が流れています。

iceberg-labrador-sea-110705-02.jpg
(NASA撮影。画像はお借りしています。)

上の写真の中で、白い点のように見えるものがその流氷。

グリーンランドにある氷山の一部が崩れて流れてきたんだそうです。

流れ出したときにはマンハッタン島の約4倍もの大きさがあったというこの流氷、

なんと11万年前の水からできているそうです。


動画もあったのでよかったらご覧ください。



おぉ、大きすぎて全貌がよく分かりません。

観光客向けに流氷ツアーなんかもあるそうなので、参加して実際にその巨大さを

確認してみるのもよいのではないかと思います。


個人的には、流氷の欠片をグラスに入れて麦茶を飲んだらひんやり美味しいのではないか

と思ったのですが、やっぱり・・・しょっぱいですかね。


とはいえ、日本はこれからさらに暑さが厳しくなることと存じます。

皆様にはお体にくれぐれもお気をつけいただき、お互い楽しい夏を過ごしましょう。


blog 一緒に流しそうめん体験したい。 by小次郎


写真素材 PIXTA 
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[ニューファンドランド&ラブラドール州
ニューファンドランド・ラブラドール
何度もしつこいようですが…

ブログのタイトルにある「アトランティック・カナダ」とは
カナダ東部に位置するニュー・ブランズウィック州、ノバ・スコシア洲、
プリンス・エドワード島州、ニューファンドランド・ラブラドール州の
4州を指します。

しかし、このようにタイトルに掲げておきながら
「ニューファンドランド・ラブラドール州」について一度も記事を
書いとらんやないかとずっと気になっておりまして…

知ったかぶるわけにもいきませんので正直にお話しますが
すみません、私この州はまだ行ったことがないので完全に知識不足です。

でもテレビでよく流れている同州のコマーシャルが素敵なのでご紹介させて
いただきたいと思います。

まずこちら。



(ナレーションの要約)
コロンブスの探検より5世紀前(つまり10世紀頃)、
この地に降り立った者たちがいた。

それはバイキング。

彼らが残した足跡であるランス・オ・メドー国定史跡は
ユネスコ世界遺産に登録されています。


子どもたちがかわいいですね。

次はこちら。



豊かな自然とカラフルな町並みがとても美しくお洒落に撮られています。

思わず行ってみたくなるのは私だけでしょうか。


blog 1949年にカナダに加入しました。by小次郎
Posted by aomu0815
comment:2   trackback:0
[ニューファンドランド&ラブラドール州
| ホーム |