雪の記録
テレビで日本の桜開花のニュースを見て春を感じた今日この頃ですが、

我々カナダ東海岸住民の現実は近年類を見ない大雪との闘いです。

P1480856.jpg
(車の中から撮ってるので画質が悪くてすみません。)


この1週間で3回大雪が降ったため、結局3日間外に出られずムダになってしまい

ました。

義父母の家は主要な道路に面していないので(要するに田舎)、町の除雪車が

来るのがいつも後回しになってしまうのです。

この冬どれだけの日数がムダになったかは数え切れませんが、私たちみたいに

仕事にも行けない人たちがわんさかいても、それでもなんとか地元経済は動いて

いくのが不思議なもんです。


すっかり良い天気になり、義父母の家の前の道もようやく車一台通れるだけの

道幅が確保されたので町に出て様子を見てみました。

P1480859.jpg

積み上げられた雪の高さと車、家のサイズを比較すると、このお宅の雪かき

担当(おそらくご主人)のご苦労を感じていただけると思います。


こちらは歩行者専用道路を確保するために苦心した除雪車のおじさんたちの

芸術的な雪の積み上げっぷり。

P1480863.jpg

しかしこれだけの雪を積み上げると、道沿いに並ぶ各戸の郵便受けが雪に

埋もれてしまいます。

おかげさまで我が家も含む多くのお宅の郵便受けは除雪車の刃が当たって

滅茶苦茶に壊れてしまっています。(弁償はしてくれません。泣)

我が家には当初可愛いアンティークの郵便受けを買いたいと考えていたのですが、

買わなくて本当に良かったと思っています。


こちらのお宅は1階の日当たりがかなり悪そうですがどうしようもないですね。

P1480865.jpg


そしてまた雪は降る・・・

我が家の庭に置いてある鳥の巣箱もほぼ隠れてしまいました。

P1480898.jpg


「もうやってられっか!」と言いたくなりますが、いつかは春が来ることを

信じて黙々と雪かきに勤しむしかないのです。

P1480895.jpg


blog 我々リスも雪かき大変なのである。by小次郎
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[カナダの四季折々
埋もれる日々
先日の日曜、カナダ東海岸にやってきた大吹雪は勢いが弱まることなく

翌朝まで降り続きました。

これは義父母の家の玄関ドアの半分近くの高さまで降り積もった雪です。

義父母はこんなに雪が降ったのは子どものとき以来見たことがないと驚きの様子。

P1480575.jpg


夫は腰の高さまで玄関ポーチに積もった雪をまたぐように歩いて外に

出ました。

P1480577.jpg

が、仮に夫が家の周りを雪かきしたとしても、家の前の公道が全く除雪されて

いないので外出することはできません。

いったい除雪車はいつ来るのかと皆で首を長くして待っていましたが、いつまで

たってもやってきませんでした。

ニュースを見るとカナダ東海岸の多くの地域で非常事態宣言が出されており、

わが町も除雪作業が全く追いついていないそうで、しばらく住民は自宅待機

するよう指示が出されていました。(わが町は70センチ降ったそうです。)

じゃ、今日も改修工事はお休み。

家でだらだらしていたら、午後3時頃近所に住む義父母の友人夫妻がスノー

モービルに乗って颯爽と登場。

他にすることもないので義父母と友人夫妻は居間で飲み始めました。笑


午後5時半、近所のおじいさんが自前のトラクターで公道の雪かきを

始めました。

このまま役所の除雪を待ち続け、何日も見動き取れないのは耐えられないと

思ったようです。

が、一時間ほどたったところでエンジン音が消え静かになりました。

思った以上に除雪作業は大変だったのでしょうか・・・


結局、義父母の友人夫妻が義父母の家を発ったのは午後11時。

暗闇の中、スノーモービルで帰っていきましたが10分ほどして2人とも

歩いて戻ってきました。

「スノーモービルが公道の雪に埋まってしまった・・・」

義父も外に出て雪かきシャベルでスノーモービルを救出しようとしましたが

雪の量がハンパなく不可能と判断。

その日はスノーモービルを見捨てて徒歩で自宅へ帰ったそうです。


そして翌朝、快晴。

しかし火曜日の朝になってもまだ除雪車は来ません。

こんなに長い間除雪車が来ないことはめったにないですが、停電にならなかった

ことだけがせめてもの救いです。

ようやく正午頃、除雪車がやってきたので外出できるようになりました。

それでも除雪されていたのは1レーンだけですが、真っ先に向かったのは我が家。


夫はスノーシューを履いていたので公道に止めた車から家まで歩いてたどり着け

ましたが、義父母は・・・

P1480582.jpg


ご覧のとおり身動きがとれず、ギブアップ。

P1480584.jpg

結局この日も改修工事はできませんでした。


いつもお世話になっている大工さん息子にドライブウェイの雪かきをしてもらった

ので水曜は改修工事ができたものの、木曜から金曜にかけてまた大雪が降り、

今日も埋もれてしまいました。

P1480609.jpg


それでも改修工事に行こうとしたら、家のすぐ先でパトカーが道を封鎖中。

P1480602.jpg

警官の話では、強風で吹雪いておりただいまホワイトアウト状態、この先道中

雪で身動きがとれなくなった車がたくさんいるが除雪作業が間に合っていない、

とのこと。

仕方がないので引き返したのですが、今度は道が封鎖される直前に町に繰り

出していた義父から、例の道で雪で身動きが取れなくなっていると電話が

かかってきました。

早く天候が回復し除雪作業が終わって帰って来れるといいですが、外の景色を

見る限りしばらくの間は難しそうです・・・


blog これぞアトランティック・ウィンター・ライフ。by小次郎
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[カナダの四季折々
初雪の翌朝
初雪の翌朝。

綺麗に晴れましたが、庭は一面雪景色。

P1460539.jpg

もうこの季節がやってきたかとがっかりする反面、雪にはつい写真を撮りたく

なる独特の美しさがあります。


お向かいさんは寒そうです。

P1460532.jpg


私もダウンジャケット、ニット帽、手袋、防寒用ブーツを久々にクローゼットから

出して朝の散歩に出かけました。

P1460533.jpg

氷を踏んで転ばないようにへっぴり腰で慎重に歩きます。


「こじろーこじろー」

P1460538.jpg

いつもなら名前を呼ぶと一目散に走ってくるあの人(リス)は、何度呼んでも

姿を見せませんでした。



blog ごめん、寝てた。by小次郎

Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[カナダの四季折々
秋の実り
天気が良かったので庭を散歩しました。

P1450976.jpg

ここ、トンネルみたいになっているお気に入りスポットです。


カナダ東海岸はすでに紅葉が始まってます。

P1450954.jpg


久々の登場、小次郎とも遊びました。

P1450962.jpg

しっぽのカール具合がたまりません。


帰り道、りんごが生っていたのでせっせと拾いました。

P1450979.jpg

今年はちょっと小ぶりな気がします。


そのりんごで作ったアップルソース。

P1460013.jpg

こちらの人はポーク料理に使ったりしますが、私は朝食のパンやスコーンに

付けていただきます。


最後に晩ごはん。

マリタイムの家庭料理です。

P1460016.jpg

この日はマッシュドポテトにバターを加えず、代わりにクリームチーズと

チャイブを入れてみました。

そしてマッシュドスイートポテトにはブラウンシュガーの代わりに

メープルシロップを少し。

どちらも面白い風味が出て個人的には当たりでした。



blog もっとピーナッツ蓄えとかんと。by小次郎
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[カナダの四季折々
春の気配
カナダ東海岸は5月に入り、ようやく春の気配を感じられるようになりました。

ここは改修工事中の我が家に作った池。

P1420832.jpg

雪が大分融けて芝生が青くなり始めました。


久々にシカさんファミリーも登場。

P1420821.jpg


カナダの長く厳しい冬を終え春を迎えるときは大変うれしいものですが、

恒例の『冬の後片付け』が待っています。

ここは夫の亡きおじいちゃん家の敷地。

P1420803.jpg

強風・豪雪でかなり多くの木がやられてしまいましたので、仕事が休みの日は

手ノコ片手にお手入れをがんばっているところです。


小次郎が様子を見に来るかなと思ってピーナッツも用意してたんですが、

この日は来てくれませんでした。

P1420802.jpg

小次郎も春は色々忙しいみたいですよ。


ルバーブの芽が出ていました。

P1420804.jpg

大きく育ったら今年もルバーブマフィン作ろうっと。




blog 池の水がきれいになっとるー。by小次郎
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[カナダの四季折々