スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by aomu0815
 
[スポンサー広告
天井とドアと鳩
我が家の増築部分の天井です。

P1210160.jpg

写真では分かりにくいかもしれませんが、壁周りの天井に比べて部屋の真ん中の

高さが高くなる設計になっています。

これも大工さん父が図面を書かずに作ってくださいました。


壁周りには義父がアイディアを出したスポットライト。

P1210161.jpg

なんだかムーディな部屋になる予感・・・笑

義母もそうですが、欧米にはこういう間接照明の取り入れ方が得意な人、多い気が

します。


ところで、先日ポート・エルギン村で開かれた窓・ドアの卸業者さんによる倉庫一掃

セールに行ってきました。

P1200419.jpg
(この倉庫は、かつて義父のお兄さんが通った高校。)


私たちが探していたものは増築部分に取り付けるエクステリア・ドアだったのですが、

倉庫の中はものすごいお客さんでごった返していて早い者勝ちという雰囲気。

寸法が合うものが限られていたこともあり、これで即決。

P1170982.jpg

ファイバーグラス製の新品ですが、かなり安く手に入りました。


早速取り付けたものの、ドアノブがまだ付いていないのでこんな状態です。

P1210162.jpg

しかし一応ドアも付いたことだし、これで家に侵入するものもおるまいと安心した

私たちでしたが、上を見上げればパタパタという物音が。

なんと屋根の隙間から屋根裏部分に鳩が入り込んでしまったのでした。

必死で鳩を追い出し、義父がはしごに登って隙間に断熱材を詰め込んでとりあえずの

応急処置。


屋根の上でポッポと鳴く鳩たちを見上げながら、完成するまでに他の動物たちに

この家がのっとられないことを祈った私たちだったのでした。




blog 軒下にツバメも住んでます。by小次郎




スポンサーサイト
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[完成なるか改修工事:増築編
秋の夜長に
改修中の我が家、この3連休で見た目にかなりの進展がありました。

P1100319.jpg
(手前でじゃれあってるのは大工さんのワンちゃんたち)

写真の通り、増築部分の床と壁が出来上がりました。

改修するのはなにかと時間がかかりますが、新しく建てるのはあっという間なん

ですね。


メープルの木々も紅葉が見ごろです。

P1100311.jpg


今は家の外での立ち食いティム・ホートンですが、来年の今頃には家の中で

このメープルの木を眺めながらゆっくり座ってご飯が食べられればいいなぁ・・・

P1100315.jpg


大工さんとの共同作業は、平日夕方5時半から8時にかけて行っています。

作業開始時はまだ明るいんですが、夕方7時になるとほとんど日が暮れてしまう

ので、暗くなったらこんな感じにライトアップして作業を続けています。

P1100323.jpg
(なんだかちょっと格好よく見えます。)


男性陣の作業を横目に、私は家の中を解体して出た廃材を次々に燃やしています。

土を掘っただけのこの焼却炉のおかげで、この家の廃材は自力で相当量処分できました。

P1100321.jpg
(よく働いてくれてありがとう。)


夜空を見上げれば、うろこ雲に満月。

P1100329.jpg

サワサワと葉の擦れる音が静かに聞こえる中、トンカチの音が響いています。

ひんやりとした夜の空気に触れながら、秋を感じています。



blog ざわわ、ざわわ、ざわわー。by小次郎

写真素材 PIXTA
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[完成なるか改修工事:増築編
家主ダウン中
私の引いた風邪はKemuさんにうつり、二人でダウン中です。

家主不在で雨が降り続く中、我が家の改修作業は続いています。

P1100073.jpg

私たちに代わって作業をしていた義父から、足りない道具を持ってきてくれと

電話がかかってきたので、家に持って行ってみれば、早くも増築部分の床に

取り掛かっていました。

P1100077.jpg

地下室を覗くとなんだかとても生き生きとしてる義父の姿が見えましたが、

お義父さん、雨の中、作業させてしまって本当にすみません・・・

風邪引かんといてくださいね。




blog 木曜の天気、テンション下がるわー。by小次郎

写真素材 PIXTA




Posted by aomu0815
comment:2   trackback:0
[完成なるか改修工事:増築編
我が家の設計図
現在改修中の我が家。

我が家の3分の1にあたる部分は傷みがはげしかったため撤去したのですが

(そのときのお話はこちらへ)、今度は同じ部分を新しく立て直そうと考えています。


義父とKemuさんが描いた手書きの図面を、設計士さんに確認してもらって最終的に

出来上がった設計図がこちら。

P1080135.jpg

☆マークが付いている部分が新たに増築される部分で、出来上がった暁にはリビング

ルームにしたいなと考えています。


ところで、我が家の改修工事は(実は家族の中で一番張り切っている)義父にとって

3軒目の工事になります。

義父は大工ではないですが、幼少期より父親から学んだ大工仕事が大好きで、今住んでいる

義父母の家も15年ほど前に自分で設計したものを家族や親戚一同の協力を得て建てたんだ

そうです。

また昨年の夏にはコテージの増築工事をヘトヘトになりながら完成させました。


そんな義父はこれまでに培った経験と知識に自負がありますし、どちらかというとモダンで

シンプルな家が好きなものですから、古い家が大好きで可能な限りこの家が建てられた時代

(ヴィクトリア期)に状態を戻したいと言う息子の考えは無茶苦茶に思えるようです。


確かに古い家にモダンなデザインのドアや窓を使ったらデザイン的に浮いて変な感じに

なるでしょうし、モダンな家がよければそもそもこんな面倒な工事などせず新しい家を買ったら

よかったわけで・・・


Kemuさんの気持ちはわかるのですが、夫が突拍子もない図面やアイディア(例えば図面に

突然塔が現れたりします。)を出しては、毎度のように義父が「インポシブル!!!」と

叫びながら反対し激しく言い争う親子の姿を傍目に見ている義母と私。

あーまた親子そろってジャーマンテンパー(直訳して『ドイツ人気質』、関西弁では『いらち』)

が出てますね。

笑ってはいけないと思いながらも義母と二人で笑ってしまうのでした。


二人とも、高血圧なんだからあまり頭に血が上りすぎないように気をつけてくださいな。




blog 高血圧とハイテンションって関係あるんやろか。by小次郎

写真素材 PIXTA


Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[完成なるか改修工事:増築編
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。