大胆なヤツ
我が家の庭にはシマリスたちも住んでいます。

アメリカアカリスの『ぐり』と『ぐら』たちと同様で、彼らもピーナッツに目がない

ようです。

P1550731.jpg


ある日、庭の芝生で娘を遊ばせていると、そばに置いた乳母車からガサゴソと

何やら音が。

ハッ、シマリスが乳母車に入ってる・・・!

P1550701.jpg


キョロキョロ・・・

P1550691.jpg


ちょっとあなた、なんか口に入ってますけど・・・!

P1550703.jpg


顔の形変わってますけど・・・!

P1550682.jpg

可愛い見た目とは裏腹に、結構やること大胆なんですね!

その後乳母車につかまり立ちをして遊んでいた娘は、ピーナッツ目当てに

何度も戻ってくるシマリスを怖がって泣きました。



blog 
Posted by aomu0815
comment:1   trackback:0
[カナダの動物
バトル
改修工事中の我が家は田舎にありますので、窓から色んな野生動物が見られます。

こちらは原っぱを駆けるアカギツネ。

P1490027.jpg

このアカギツネは2頭いて、いつも我が家の納屋周辺を歩き回っています。

納屋にいるネズミが目的でしょうか。


あれ、原っぱがなんだか騒がしいですが何が起こっているのでしょうか。

P1480984.jpg


なんとハクトウワシがカラスと『獲物』を巡って格闘中。

P1480975.jpg

どうやらこのハクトウワシは、夫が毎日えさをやっているキジの一羽を捕らえた

ようで、我が家の玄関前には捕まったキジの羽が散乱していたのでした。


このハクトウワシは複数の攻撃的なカラスとずっと闘っていたのですが、10分ほど

したところで、これまた驚くことにヘルプのハクトウワシも登場。

P1480990.jpg


2羽はカラスたちを追いかけて飛び立っていきました。

P1480992.jpg

私たち人間の背丈よりずっと大きな羽を持つように思われるハクトウワシの

迫力に圧倒されましたが、それよりなによりそんなワシと互角に戦うカラスの

攻撃性にも驚いた私たちだったのでした。

いつまでたっても春がこないからきっと皆お腹がすいているんですね。


最近はようやく最高気温がプラスになり始めたので、山のように積もった雪も

少しずつ融けはじめていますが、カナダ東海岸はご覧のとおり今なお毎日のように

雪が降っています。

P1490159.jpg

こんな景色を見ていると今年の春はもはや来ないんじゃないかと思いますが、

一つ春らしさを感じたのは我が家の林に住むシマリス『チップ』が冬眠から目を

覚ましたこと。

リスのぐりとぐらにピーナッツをやる夫の姿を見たとたん駆け寄ってきては

ピーナッツをもらいほっぺたに押し込んで帰っていったそうです。

一方、チップに邪魔をされるのが嫌いなぐりとぐらは怒っていたそうです。

それにしても夫のことを覚えてるなんてシマリスも記憶力いいんだなあ~


blog 小次郎もご飯くれる人のことは忘れません。by小次郎
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[カナダの動物
春よ来い来い
カナダでは今日3月20日が春の始まりの日とされていますが、

こちら東海岸では例年にない大雪が降る日々が今なお続いております。

今週は大雪のために外出できず丸2日ムダになりました。

雪かきしても雪を積むところがなくて困るくらいの量で、野生動物たちにとっても

長く厳しい冬です。

P1480801.jpg
(鳥のえさに群がるブルージェイたち。)


大雪が降る前にぐりとぐらの様子を見に行ってみました。

P1480808.jpg


我が家の池も厚い氷で覆われているのが分かります。

P1480825.jpg


「ぐらーぐらー」

P1480811.jpg

私たちがぐらの名前を呼ぶと、ぐらは木箱の隙間から一瞬顔を出してはまた

すぐに木箱の中へ消えました。

本当に一瞬だったので写真も撮れず。

ぐらもこの冬の寒さにうんざりしているようです。


寒いと愛想が悪くなりがちなぐらはそっとしておくことにして、ぐりに会いに

いこうとしたところ、チカディー(シジュウカラ)が登場。

P1480812.jpg

小さくコロンとした体つきが可愛いこの鳥は、私たちがピーナッツをあげると

両脚で殻を支えて器用につついて食べます。


「ぐりーぐりー」

P1480815.jpg

ぐりを呼んでみましたがぐりはなかなか現れません。


ぐりの掘った雪のトンネルはありました。

P1480814.jpg


「あ、ぐり?!」

P1480817.jpg

と呼びかけたこのリスは、実はこの林に住む第3の野生リス。


たまに私たちのところへピーナッツをもらいにやってきます。

P1480823.jpg

結局この日ぐりとぐらには接触できませんでしたが、代わりに色んな動物

に会えました。

みんな今年の冬をがんばって乗り越えようとしています。

春はもうすぐそこだと信じたい今日この頃です。


blog でも明日も降るらしい。by小次郎
Posted by aomu0815
comment:1   trackback:0
[カナダの動物
キジの観察
前回の記事でホワイトアウト状態の中身動きが取れなくなっていた義父ですが

夜の8時半にようやく帰宅できました。

車の運転には自信がある義父ですが、あのようなホワイトアウトの中では

どうすることもできなかったそうで、たまたますぐ近くにあった知人のお店に

4時間ほど避難させてもらった後は、除雪車の後ろにぴったりとくっついて

町まで引き返しコーヒーショップなどで暇をつぶしたそうです。

何はともあれ事故もなく無事でよかったです。


さらに翌朝、義父母の庭を見ると防風林が一本倒れていました。

P1480640.jpg

この木が昨日の暴風の勢いを物語っています。


さて、天候に恵まれない日々が続くカナダ東海岸ですが、夫Kemuは毎日

リスのぐりとぐらのえさやりを欠かしません。

この日も雪の降る中、ピーナッツの袋を片手に2匹に会いに行ってきました。

P1480616.jpg

2匹は納屋の裏の林に住んでいますが、スノーシューが1足分しかない上に

寒さに耐え切れないので私はしばらく2匹に会いに行っていません。

最近ぐりが夫の頭や肩に乗って遊ぶようになったのですが、仲良くしている2人に

ジェラシーを感じたのかこの日はぐらも夫のスノーブーツの上に乗っていたそうです。

おまけにどこの誰だか分からぬ3匹目のリスも登場するようになり、夫は益々

野生動物とのふれあいに生きがい(?)を感じているようで・・・


先日刈られたトウモロコシ畑にもキジが集まっていることに気が付いた夫は、家の

すぐ裏に設置した鳥小屋の周りに鳥のエサを撒き始めました。

P1480548.jpg
(さりげなくトウモロコシ畑風に見せる工夫をしているのが面白い。)


すると見事にキジさん3羽登場。

P1480627.jpg


キジは怖がりなので、人影や物音を感じるとすぐに逃げてしまいますが

これなら家の中から至近距離でキジを観察できます。

P1480622.jpg

オスの白い首周りがアクセントになっていてカッコいいですねー

我が家はだんだんムツゴロウ王国みたいになってきています。



blog こちらただいまマイナス22度。by小次郎
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[カナダの動物
3日続けて出没
最近町にオープンした新しいベーカリーショップで購入したシュトレン。

シュトレンはドイツの伝統的なクリスマスのお菓子です。

P1470019.jpg

このクリスマス限定シュトレンを作っているのはオーナーのドイツ人夫妻。

夫妻は週末になるといつも地元のファーマーズ・マーケットでケーキやパンを

販売していました。

ここの地元のものに比べて甘さ控えめなドイツ本場のお菓子やパンが楽しめて

私たちも大ファンだったので、お店を構えられたと聞いて嬉しくて足しげく通って

います。


このシュトレンを持って伺ったのが、友人夫妻が自宅で開いたクリスマス

パーティ。

『友人』といっても60代のとってもアクティブなご夫妻です。

P1470069.jpg
(夫妻宅のアンティーク・ドアノブ)

アンティークやこのお宅(ヴィクトリアン・ハウス)、ドアノブの話などでここの

旦那さんと話がすっかり盛り上がってしまい、お開きの時間を大幅にオーバー

して滞在してしまいました。

このホームパーティはなんと100人招待されたそうですが、他の皆さんも

ご夫妻のことが大好きみたいでなかなか帰りませんでした。

これだけの人数のおもてなしの準備・片付けなど大変だったと思いますが、

人徳がある人ってこういう方々のことを言うのだなぁと感じた次第です。


さて本題に戻りまして、ここのところアライグマが3日続けて庭に出没しています。

また同じりんごの木の上に登っています。

P1470085.jpg


カメラを向けるとポーズ。

P1470076.jpg

前回は丸まっていて顔が見えませんでしたが、こんなに可愛いアライグマさん

だったんですねー


しばらくすると両手に持っていたリンゴをカリカリと食べ始めました。

P1470083.jpg

なるほど、この間はリンゴを食べて満腹になったからそのまま木の上で

寝てたんですね。



blog 朝夕にはシカ5頭もリンゴの木に集合しとります。by小次郎

Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[カナダの動物