スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by aomu0815
 
[スポンサー広告
ロス・メモリアル・ミュージアム
カナダ東海岸の高級リゾート地として知られるNB州セント・アンドリュースの

『ロス・メモリアル・ミュージアム』へ行って来ました。

P1440682.jpg

このレンガ造りの建物は、米国の独立戦争をきっかけに北(カナダ)に移住した

『ロイヤリスト』が1824年に建てた住居です。

余談ですが、この小さな町にはロイヤリストたちが建てた上の写真のような

ジョージアン期(1714~1830)の古い家々が至る所に見受けられ、素晴らしい

ことにそのほとんどは今も町民が住んでいます。


話を戻して、このレンガ造りの家を1938年に購入したのが、ヘンリー&ジュリ

エット・ロス夫妻。

米国出身の大変裕福なロス夫妻は、セント・アンドリュースの美しさに魅了され

1902年からこの町に滞在していたのですが、この家は自分たちで収集した

美術コレクションを展示するために購入しました。

夫妻が収集したのは世界中を自ら旅して集めたエキゾチックな美術品。

加えて夫妻は、当時あまり価値が高くなかった地元ニュー・ブランズウィック製の

木製家具に注目し積極的に収集しました。

そのためこの美術館の展示内容は、当時の地元の家具職人の腕の良さ、

質の高さを後世に伝えることができる大変意義深いものとなっています。


早速お邪魔してみましょう。

まずは玄関ドアのドアノブチェックから。

P1440683.jpg
(米サーゲント社のブロンズドアノブ。1890年製)


正面玄関の天井には美しいガソリア(ガス・シャンデリア)が。

P1440755.jpg


両壁にはロス夫妻の肖像画が飾られていました。

P1440754.jpg


夫妻には子どもがいなかったので、この美術館の収蔵品はすべて町に

寄贈されています。

P1440753.jpg


1階のダイニング・ルーム。

P1440692.jpg

18~20世紀初頭に作られた北米家具、夫妻自ら中東で購入したオリエンタル絨毯、

北米画家による絵画が上手くミックスされた調和の取れたインテリアとなっています。


2階の主寝室。

P1440711.jpg

ベッドは1912年にNS州ハリファックスで購入したもの、マホガニー製の

椅子はNB州セント・ジョン市で作られたもの。

そして床にはペルシャ絨毯、中央のオリエンタルな円卓は夫妻が中国で

購入したものです。


日本の漆器もさりげなく飾られていました。

P1440713.jpg


こちらはゲスト用の寝室。

P1440702.jpg

ベッドの上に飾られてある油絵は、ヘンリー氏自ら描いたものなのだとか。

このように2階には立派な寝室がいくつかありますが、ロス夫妻はなんと

一度もこの家で一晩を過ごしたことがなかったそうです。

あくまでもこの家の購入目的は『美術品の展示』だったんですね。


そんなロス夫妻が世界中を旅して集めた美術品が展示されているコーナーが

ありました。

ひときわ目を引いたのがこの日本の屏風。

P1440721.jpg

これは夫妻が1937年に京都を訪れた際、ヨコヤマ氏という男性から購入した

もので、この男性は『カノー』だ(狩野派のことと思われる)と説明したそうです。

水浴びをするサギと川辺の柳が繊細なタッチで描かれています。


他にはこんな展示も。

P1440732.jpg

高級品に限らずこんなパンフレットまで大切に保管してくださっているうえに、

さらには夫妻が日本旅行中に撮影した大変貴重なカラー映像も流れされており

うれしくなった私はテレビ画面を見ながらつい学芸員さんと話を咲かせて

しまったのでした。



blog 屏風持って帰るの大変やったと思う。by小次郎
スポンサーサイト
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[ニュー・ブランズウィック州セント・アンドリュース
老舗ホテル『アルゴンキン・リゾート』
NB州セント・アンドリュースが高級リゾート地として知られるきっかけとなったのは、

こちらの老舗ホテル『アルゴンキン・リゾート』。

P1440800.jpg


1889年創業、チューダー様式のまるでお城のような美しいホテルです。

P1440801.jpg

それにしても、あまりに大きすぎてホテル全体がカメラに収まりません!


ですので、全貌が分かる航空写真を載せておきます。

algonquin resort
(画像はお借りしています。)


ついでに天気が良い日の写真も。

AGR_exterior_soft_clouds.jpg
(画像はお借りしています。)


こちらは、おそらく100年ほど前の写真。

TheAlgonquin.jpg
(画像はお借りしています。)

経営は米国の実業家(創業時)に始まり、カナダ太平洋鉄道、フェアモント・ホテル

グループなどを経て、現在はマリオット・ホテルグループによって経営されています。


私たちは宿泊予約はしていませんが、ヴィクトリアン期に建てられたホテルが

どのようなものだったのか興味があったので、ちょっとお邪魔してみることに

しました。

P1440805.jpg


内装は昨年全面改修工事が終わったところで、あいにくヴィクトリアン期の

面影はほとんど残っていませんでしたが、ところどころに当時の面影が

見て取れます。

P1440806.jpg

たまたまお話した常連の宿泊客の男性によると、今は白く塗られてしまった

ウッドパネルや暖炉のナチュラルな色合い等がかつてはそれは良い雰囲気を

かもし出していたとのこと。

新しくモダンな感じの今も良いけれど、僕は色々思い出もあるし昔の雰囲気が

好きだったなーとしみじみと語ってらっしゃいました。

うーん、私たちも改修前に一度訪れたかったです!


こちらはおしゃれなダイニング。

P1440809.jpg


こんなサンルームで優雅にお食事をいただくのも素敵ですね。

P1440811.jpg

「せっかくだから、夕食は奮発してここで食べよう!」と決心した夫。

が、レストランの受付の女性にあっけなく「本日は満席でございます。」と言われ

しょんぼりして戻ってきました。

やっぱりここのレストランは人気があるから、前もって予約はしていかないと

いけないようです。(興味のある方はメニューをご覧ください。)


夫の気持ちはとてもありがたかったのですが、私もこの日は疲れていたので、

結局宿泊していたセント・ジョンのホテルへピザを持ち帰ってゆっくりテレビを

見ながら食べました。

日頃からヴィクトリアン、ヴィクトリアン言うてる割には、結局こういう方が

自分たちの性分に合っているようです。



blog 小次郎もどっちかいうたら地元のパブ派。by小次郎
Posted by aomu0815
comment:2   trackback:0
[ニュー・ブランズウィック州セント・アンドリュース
海辺の町、セント・アンドリュース
マリタイム(カナダ東海岸3州)屈指の高級リゾート地、セント・アンドリュースを

訪れました。

米国(メイン州)との国境の町セント・スティーヴンから車で20分ほど離れた

ところにある町です。

参考までに両町の位置が分かる地図を載せておきます。

NewBrunswick.jpg
(NB州の地図。西側が米国メイン州、東側はノバ・スコシア、プリンス・エドワード島州)


メインストリートには、18~19世紀の古い町並みを活かした可愛いお土産屋さんや

ギャラリーがずらりと並んでいます。

P1440664.jpg


古い建物にもかかわらずどのお店も手入れが行き届いており、店頭はお花や

可愛い看板などで華やかに飾り付けられています。

P1440673.jpg

車のナンバープレートを見ると米国の旅行客が多いことが分かりますが、

道行く人とのすれちがいざまには独語や仏語なども聞こえてきます。


観光業がメインだからか、店内の半分がお土産屋さんになってしまっていた

ホームセンター(大型チェーン店)もありました。

P1440674.jpg


お腹がすいたので、こちらのレストランで昼食をとることにしました。

P1440651.jpg


ウエイトレスさんに案内されたのは海が見渡せるデッキ席でした。

P1440653.jpg


オーダーしたのはいつものごとくフィッシュ&チップス。

P1440652.jpg

当ブログは登場する食べ物のバラエティーが実に貧相ですが、逆に言うと

新鮮な魚介類が手に入るマリタイムのレストランではこれを頼めばまず

間違いないということでご了承ください。

衣はサクサク、中の白身魚はふんわり柔らか。

この食感がたまりません。


さて、この町はボートに乗って海に出てクジラ・ウォッチングが出来ることでも

知られています。

クジラ・ウォッチングの専門業者さんはご覧の通りよりどりみどりです。

P1440654.jpg


おやおや、おじさんが何やら看板を真剣に読んでいますね。

どうやらこの業者さんは、シャーク(サメ)・フィッシング希望者も受け付けて

いるようです。

えっ、サメを釣るんですか!?

P1440657.jpg

ディスカバリーチャンネルの『シャーク・ウィーク』(←サメ関連の番組が1週間

ずっと流される)を毎年楽しみに待っているサメ好きの夫は迷わず入店。

この日、この町のために用意した『シャーク・ウィーク』と書かれたTシャツを

着た夫は、熱心に受付の女性に質問をしていました。

このシャーク・フィッシングとは何かといいますと、サメの研究者と一緒に

ボートに乗ってあくまで調査目的にサメを釣ることだそうで、釣ったサメは

調査後再び海へ戻されます。

正確な参加料は忘れてしまいましたが一人数百ドルはかかるそうです。

高額な参加料にもかかわらず、今年のシャーク・ウィークでセント・アンド

リュースのサメが放映されたこともあってか、店内は多くのお客さんで

賑わっていました。


「今はお金に余裕ないけど、いつかぜったい参加するんだー!」とうれしそうに

町を歩く夫は「おかーさん、あの人のTシャツ、シャーク・ウィークって書いてるー」

って小さな女の子に指差されてました。


blog これっ人を指差すのはよしなさいっ。by小次郎
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[ニュー・ブランズウィック州セント・アンドリュース
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。