スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by aomu0815
 
[スポンサー広告
ロブスターを食らう。
昨日、またまた家で改修作業をしてたら裏庭で2メートル弱の黒い物体が

ゆっくり動いているのに気がつきました。

よーく見てみると、それはクマでした。

「あんなに美しいクマは見たことがない!」と興奮して親戚に電話をかけまくる義父。

そういえば以前、シカやヤマアラシが歩いているのも見たことがあります。

相変わらず毎日人は訪ねてくるし、ここはなかなか賑やかな場所みたいです。



さて、アトランティック・カナダの有名な食べ物といったらロブスター!

lobsters

ぐちゃっとなっていますがお皿の上に4匹乗っかっています。

こういった小さめのロブスターは、通常は市場には出回ることなく

主に缶詰用として処理されるそうなんですが、義父の知り合いの方がおすそわけ

してくださいました。


Kemuさん家では溶かしバターにシーズニングとガーリックパウダーを混ぜて

つくったソースに浸しながら茹でたロブスターをいただきます。

極めてシンプルですが、ロブスターの塩加減が絶妙にマッチします。


そして食べ終わったらロブスターの殻を何重ものビニール袋で頑丈に括って

一刻も早くガレージへ。

でないと家中が悪臭で大変なことになります。


もしアトランティック・カナダでおいしいロブスターを食べようと思ったら、

できるだけ観光客が行くようなレストランではなく、地元の人たちが通うレストランを

探されることをオススメします。

地元の人に思い切って尋ねてみれば、親切に教えてくれることでしょう。

きっとお味も値段も満足できるロブスターに会えるはずです!



blog 汚れてもいい格好で食べるべし。by小次郎

スポンサーサイト
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[料理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。