スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by aomu0815
 
[スポンサー広告
女王が泊まった小さなホテル
ニュー・ブランズウィック州のサックビル(Sackville)という小さな町には

Marshlands Innという小さなホテルがあります。

P1080611.jpg


先週末は私たち夫婦にとって初めての結婚記念日だったので、ここでお祝いしてきました。

P1080645.jpg


このホテルは1854年、地元のとある裕福な実業家が娘への結婚祝いにと建てたものだそうです。

P1080655.jpg


増築や改修を重ねて今の姿に至りますが、当時の面影が残っていてこの町の歴史的にも

重要な建物となっています。

P1080710.jpg


サックビルは人口8000人ほどの小さな町。

そのうち4割近くが町の中心地に建つマウント・アリソン大学の学生です。

大学町のホテルらしく、応接間にはマウント・アリソン大学の制服と卒業アルバムが

置いてありました。

P1080698.jpg


1階のダイニングルームで夕食をいただきました。

P1080646.jpg


地元で作られたという洋ナシワインと、前菜はFive Hot and Spicy Cajun Shrimpを

オーダー。

ぷりぷりのエビをスパイスが効いた甘めのカレーソースにからめていただきました。

メインディッシュで頼んだシーフードたちもとても新鮮でおいしかったです。

P1080662.jpg


こちらが今回泊まったお部屋。

『女王の部屋』と呼ばれるこの部屋は、その名の通り現エリザベス女王が宿泊されたことから

名付けられています。

久々に湯船にゆっくり浸かってジャグジーを楽しみました。

P1080530.jpg


こうして結婚一周年は久々にゆっくりと過ごしたわけですが、思えばこの一年間、あっと

いう間でした。

突然家を買って、引っ越して、Kemuさんが腰を痛めて・・・それなのに今では家の改修工事の

傍らゴミ処理場に通う日々。

ブログの紹介文には『のんびりライフ』と書いていますが、実は『クレイジーライフ』の方が

的確ではないかと思ったりしています。


いまだに治らない夫の腰は今後もきっと完治することはないのでしょう。

普通に生活するだけでも気をつけないといけないことは色々あるのに、それでも本人は

いつか自分でゴシック・マンションを建てる気満々です。


正直な話、彼の少々クレイジーなアイディアをサポートするのは私自身も心身ともに

ストレスがかかります。(特に体力面で。笑)

けれど、一番もどかしい思いをしているのは、自分の思うようには動けない本人なのだと

思います。

そして夫は夫で一馬力で英語も仏語も不自由な私を日々サポートするのにかなりストレスが

かかっているでしょうし・・・しゃあないお互い様です。


美味しいもの食べてゆっくり過ごしてエネルギー満タンにしましたので、次の一年間も

お互い労わりながらがんばってみようと思います。



blog 極端な生活やけど、バランスは取れてるかも。by小次郎

写真素材 PIXTA




スポンサーサイト
Posted by aomu0815
comment:2   trackback:0
[ニュー・ブランズウィック州
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。