スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by aomu0815
 
[スポンサー広告
夕方の散歩にて
しばらく雨が続いていましたが、きれいに晴れたので散歩に出かけてみました。

この辺りは車があまり通らないこともあり、他にも家族で散歩をしている人々を

ちらほら見かけます。


まずは、草原で戯れる馬さんとポニーさんに遭遇。

P1220250.jpg

上の写真、背景の左側に写っているのはファンディ湾。

潮の干満が激しいことで有名で、その干満差は世界一だと言われています。


次は以前にも当ブログに登場したことがありますが、ご近所さんの素敵な納屋。

P1220261.jpg

ルピナスもきれいに咲いています。


沼地に向かって伸びる一本道を進んでみることにしました。

P1220281.jpg


道の両脇には『だれか』が通った跡がたくさんあります。

P1220290.jpg
(これはきっとウサギさん)


しばらく進むと拓けた草原が目の前に広がりました。

P1220296.jpg

雨の影響で沼地の水が側溝にどんどん流れていきます。


背景に写っているのは今年建てられたばかりの風車たち。

P1220297.jpg

現在15基ほど建っていますが、これらは世界に現存する風車の中で2番目に

大きいサイズのもので、びゅんびゅん回る大きな羽を近くで見るとちょっと

怖くなります。

ただ、これだけでこの町全体の電力供給を賄えるというのだからすごいです。


この巨大風車たち、クリーンかつ低コストな電力供給ができるとはいえ、この

沼地の美しい草原風景を見て育ってきたこの町の住民たちにとっては風車のある

風景に違和感を覚える人も少なくないようで、この風車を巡っては賛否両論の

議論が町で繰り広げられています。


あらあら、側溝の水があふれかえって道をふさいでしまいました。

P1220304.jpg

昼間みたいな写真ですが、夜8時です。

ほのかにピンク色を帯びてきた空を見ながら、家路につきました。



blog ファンディ湾で洗濯した出川さん。by小次郎

スポンサーサイト
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[日々のできごと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。