スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by aomu0815
 
[スポンサー広告
手術を受ける
ようやく出張が終わったと一息つく間もなく、昨日夫は手術を受けました。


以前から当ブログを読んでくださっている方は「ようやく腰の手術・・・?」と

思われたかもしれませんが、残念ながら違うのです。

2ヶ月ほど前に急に左手の甲に現れた10円玉くらいの大きさのぽっこりが、

指を動かすたびにゴロゴロ動いて痛いというので、手術で取り除きました。

P1300168.jpg
(手術前に看護師さんに左手の甲をシェービングしてもらってピース)


最初は「ガングリオンじゃないか」と気軽な気持ちで病院へ行った

私たちですが、執刀医の先生は「ガングリオンかもしれないけどちょっと

変わった場所だし、腱にくっ付いているかもしれないので切ってみないと

何だか分からないね。」

と仰り、全身麻酔で手術に挑むことになりました。


そして手術当日に病院に行ってみると、なんと3名の外科医の先生が

手術室に入っての手術になるとのこと。

手術室へ運ばれていく夫を「がんばってー!」と笑顔で見送りながら

『ガングリオン除去で3人もお医者さん要らんよね??まさか実はもっと

深刻な病気なんじゃ??』なんて頭の中で考えながら待っていた私ですが、

1時間半後に手術を終えた夫はすでに全身麻酔の眠りからも覚めていて

晴れ晴れとした表情でした。

P1300175.jpg
(しばらくは包帯ぐるぐる)


結果、手の甲を切開して見つかったのは、腱と腱の間に挟まっていた

3cmのガングリオン。

見事に挟まっていたことから指の動きに合わせてガングリオンも一緒に

動いていたようで、「ほおーこれは珍しい。」と3名の先生も興味津々

だったそうです。

ガングリオンは悪性のものではないので心配する必要はないそうですが、

夫もまだ30そこそこやのに身体にいろいろ厄介なことばかり起こって

ここまでくると本当に気の毒です。


夫は傷口がふさがるまでしばらく自宅療養することになったので、その間は

ブログの更新も不定期になるかと思いますが、今後ものんびりお付き合い

いただけるとうれしいです。



blog お見舞いにピーナッツ持ってくわ!by小次郎
スポンサーサイト
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[クレイジーKemuさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。