スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by aomu0815
 
[スポンサー広告
ぐりちゃんの脱走
いつも元気なぐりちゃんです。

P1380758.jpg


毎日こんな感じのごはんを2匹のために用意しますが

P1380763.jpg


ぐりちゃんの大好物は子猫用のミルク(とバナナ)。

P1380757.jpg

スポイトを使って少し温めたミルクをあげると「もっとくれー!」と巣箱の

中をバタバタと走りまわります。(一方のぐらちゃんはミルクに全く興味を

示しません。)


さて、先週半ばのことになりますが、朝ぐりちゃんにミルクをあげていた

ときのこと。

いつものように片手でぐりちゃんをだっこしてもう片手に持ったスポイトで

ミルクをあげていたのですが、私が「ぐりちゃんなんだかいつもと比べて

飲みっぷりが良くないなあ・・・」なんて思った瞬間、ぐりちゃんは勢いよく

私の手を払いのけてジャンプしたのでした。


そこから先はお察しの通り、必死で逃げ回るぐりちゃんの捕獲作戦が部屋の

中で繰り広げられ、そのときのことは私も眠気眼に必死すぎて覚えていないんで

端折りますが約10分後なんとか捕まえて再び巣箱の中へ。


ぐりちゃん、ミルクを飲むと見せかけて実は脱走を計画していたのね・・・笑


とはいえ、いざ脱走したものの当の本人も大混乱だったようで、私が両手で

捕まえた瞬間ぐりちゃんは思いっきり左手の人差し指を噛んだのです。

まだ赤ちゃんリスなので痛さはしれていますが、そこで念のため病院でワクチン

注射をしてもらい、仕事へ行きました。


そんなこんなで朝からてんやわんやだった私たち。

義父は以前から計画していた『リス小屋』を急ピッチで進め、丸3日かけて

こんな小屋を作ってくれました。

gurigurahouse.jpg

つたない見取り図ですみません。

簡単に説明すると小屋全体には金網が張られてあり、以前から住んでいた青い

巣箱からオレンジの梯子をつたって小屋の中を行き来できるようになっています。

大きさも大体縦160cm×横200cmほどあって赤ちゃんリス2匹には十分すぎる

ほどの豪邸です。(中央には義父がなるべく自然に近いようにと配慮して立てた

大きな枝もあります。)


小屋をガレージの中に置いて青い巣箱を入れてみると・・・

P1380770.jpg

何事にも興味津々のぐりちゃんが、早速梯子を使って箱の外の様子を見に来ま

した。

そして30分もすると小屋の中をぴょんぴょんと走り回り、中央の枝の上で

『キキキッ』と何度も鳴きながら遊んでいました。

「ぐりちゃんが大爆笑してるー!(キキキッというのはどうやらリスの笑い声

なのです。)」と私が言うと、義父はそれはうれしそうにぐりちゃんのことを

眺めていました。

これでもう2匹のことをヨシヨシと触ったりすることはできなくなりましたが、

2匹のために義父が大きなおうちを作ってくれて本当に良かったと思います。



blog ワクチンは10年もつそうですわ。by小次郎

スポンサーサイト
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[子リスの育児日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。