ノバ・スコシアあるある
この間のクリスマス、義父にプレゼントした本。

P1410571.jpg

私が住むノバ・スコシア州の人々の『あるあるネタ』を風刺漫画を添えて

紹介している絵本です。

ノバ・スコシアにゆかりのある人だったら思わず「わかるわかる!」と頷ける

ネタがたくさん書かれてあるので、同州ではバカ売れだそうです。

夫の話によると、ジョークが好きな義父も読んで大爆笑だったとのこと。


著作権のこともあるので本の内容は載せませんが、こちらのウェブサイトの

ページからその一部を見ることができます。

私も思わずニヤリとするネタがいくつかあったので、この地に染まってきたと

いうことではないでしょうか。



そこで今日はちょっと気分を変えて、私の住む町『アマーストあるある』を

書いてみようと思います。(分かっていただけるかどうかは謎ですが・・・)


・知らない人が『ハイ!』とあいさつ。

・帰宅ラッシュは午後3時。

・昼食は『ディナー』、夕食は『サパー』。

・ベリーグッドは『サムグッド』。

・冬の間は閉店(もしくは隔日開店)する店が結構ある。

・気に入った車とすれ違ったらクラクション『ププー』。

・夏場はマクドでロブスター。(※『マック・ロブスター』というメニュー)

・何時も片手には『ティム・ホートンズ』のコーヒー。

・そのためティム・ホートンズは繁盛しすぎて2レーンドライブスルー。

・銀行にもドライブスルー。

・金曜の新聞が翌週の月曜に届く。

・ガソリンスタンド付随のコンビニはバナナが安い。

・冬はカリブ海へ脱出。

・夏はコテージへ脱出。

・渋滞の原因は馬車。

・ハイウェイ穴だらけ。

・一家の誰かがアルバータ州で出稼ぎ中。

・一家の誰かがミリタリー(軍人)。

・カナダ西海岸の話はちょっとピンとこない。

・日本の首都は香港?

・ハンバーガーとホットドッグが晩御飯に登場。

・スーパーの生け簀のロブスターと目が合う。

・レジのお姉さんには可愛い孫の話を。



blog 『リスと心が通じるようになる。』も追加で。by小次郎
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[ノバ・スコシア州