スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by aomu0815
 
[スポンサー広告
石の教会にて
19世紀の面影を残す町ニュー・ブランズウィック州のセント・ジョンには、

古い石造りの教会があります。

P1440974.jpg


こちらがその教会。

見た目の通り、『ストーン・チャーチ』と呼ばれているこの教会は1825年に完成した

もので、カナダに現存するゴシック・リバイバル様式の教会としては最も古いものの

一つとされています。

P1440965.jpg

1877年のセント・ジョン大火災から奇跡的に被害を免れたこの教会の

石は英国からここまで航海していた船のバラストを再利用したものなんだ

そうです。


早速、中に入ってみましょう。

P1440942.jpg


あまり華美さはないものの、重厚感のある内装です。

P1440939.jpg


この教会の建設にあたっては、土地についてはニュー・ブランズウィックの

当時の最高裁判長から寄付されました。

さらに多額の建設費用を賄うため、教会内の座席が売られていたのですが

そういう話なら一役買いましょうと当時の同副総督はセント・ジョンに滞在する

駐屯兵のためにと教会内の座席を一部買い占めました。

そのため教会内の座席の一部には今でも『駐屯兵専用』のパネルが付いて

います。

P1440940.jpg


それにしても目を引くのはステンドグラス窓の美しさ。

P1440956.jpg


特にハンドペイント部分がとても繊細で、ヨーロッパのものに引けをとらない

クオリティーです。

P1440949.jpg


私の写真では上手く伝わらないかもしれませんが、一見の価値あるステンド

グラスです。

P1440947.jpg


私がパシャパシャと写真を撮っていると、教会の管理人さんがやって来て

この教会の正面中央に飾られているこのステンドグラスの面白エピソードを

教えてくださいました。

「キリスト(中央)の横に並ぶ2人の使徒の首のあたりをよく見てみて。」

P1440908.jpg

「どことなくチグハグに見えない?」

・・・まさか頭と胴体が左右逆?!


「その通り、昔の職人さんたちも間違えることあったようね。」

まさに弘法にも筆の誤り的なヴィクトリアン職人さんの間違いですが、

言われなければ普通の人はきっと気づきません。



【おまけ】教会のドアノブ

P1440957.jpg

管理人さんからまもなくこの教会の別館部分が取り壊される予定だと聞いた

夫は、この古いドアノブたちを捨てないでと必死にお願いしていました。



blog あ、あとドアノブは磨かないで!by小次郎

スポンサーサイト
Posted by aomu0815
comment:2   trackback:0
[ニュー・ブランズウィック州セント・ジョン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。