スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by aomu0815
 
[スポンサー広告
床板選び
どれだけ寒かろうが夫は毎日林の中を探していますが、ぐらはまだ見つかり

ません。

ぐりもぐらがいなくて寂しいのか、夫の肩や頭の上に乗っては木の枝に

駆け上がることを繰り返しています。

どうやらぐりはぐらといつも一緒に遊んでいた追いかけっこをしたいみたいですが、

あいにく人間の夫はリスのように枝から枝へ駆け回ることができません。

ぐりは無邪気に元気なんですが私たちは心が痛みます。


さて、今年もあっと言う間に年の瀬を迎えましたが、我が家の改修工事は

今年も終わりませんでした!笑

が、すでに仕上げの段階に入っているので来年には住めるようになろうかと

思います。(それでも完成はしないと思います。)

先日は2階に敷く床板を選ぶために、モンクトンの材木所まで見に行ってきました。

世界中から集まった様々な種類の木材がずらりと並び、木のいい香りがする

カッコいいお店です。

P1470249.jpg


壁に飾られているのはオーナーさんの面白木材コレクション。

何の顔に見えますか?

P1470255.jpg


オーナーさんへ事前に私たちが伝えていた希望の床板がこちら。

幅が30センチ近くある幅広のパイン材です。

P1470251.jpg


昔の家に見られるようなこんな床板を寝室に敷いてみたかったんです。

P1460999.jpg


しかし、オーナーさんが私たちに勧めてくれたのはこちらのパイン材。

2枚合わせてこの横幅ですが、板の端に凹凸のレールがあるのでパズルの

ようにぴたっと組み合わさるのが魅力。

P1470260.jpg

「幅広の昔の床板はいいけれど、時が経つにつれて木が伸縮して板同士の

間に隙間ができてそこにゴミが溜まるよ。こちらの床板なら扱いやすいし

パズルのように組み合わせて敷くんで経年変化に耐えやすいんだ。」

とオーナーさん。

確かにこの幅なら手間暇かけず簡単に敷けそうですし、掃除機でも吸い取れ

ないゴミの心配もしなくてよさそう。


しかも裏を返せばウインスコッティングとして使うことも可能というなんとも

おいしい床板なのです。

P1470261.jpg


ウインスコッティングとはだいたい1メートルくらいの高さの壁に取り付けられた

化粧パネルのこと。

P1460992.jpg


ヴィクトリアン・ハウスによく使われていたので私たちもいずれ取り付けたいと

思っていたんです。

country-wainscot-ideas-victorian.jpg
(画像はお借りしています。)


オーナーさんは「まあ、家に帰ってじっくり考えてからお返事ちょうだい。」と

仰いましたが、私たちは「買います、在庫あるの全部買います!」と即決。

扱いやすい良質なパイン材な上に、在庫を全部買い占めても初期に考えていた

幅広の床板と比べてかなりの費用が抑えられたので私たちは大満足です。

木を愛しているからこそ、自分の利益のみを求めずいつも客のニーズに合った

ものを選び誠実にアドバイスをくださるこのオーナーさんは素敵な方だと思います。



blog 今年も一年ありがとうございました。by小次郎
スポンサーサイト
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[完成なるか改修工事:悩ましきお買い物編
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。