ウェインスコッティングを取り付ける
改修工事中の我が家で毎日黙々と作業を続ける私たち夫婦ですが、癒しの

存在がほしいと思い胡蝶蘭を買いました。

P1480365.jpg

でも早くこの花に見合う窓枠を作ってあげないとせっかく綺麗に咲いている

胡蝶蘭に失礼ですね。


さて、前回の記事の続きです。

大工さんが手伝いに来てくださったので、1階のバスルームにウェインスコッティングを

取り付けることになりました。

写真は自分の仕上げたウェインスコッティングパネルを一枚一枚選ぶ夫。

それぞれ微妙に仕上がり具合が違うので、自分のお気に入りを人目に付くところに

取り付けたいのだとか。

P1480322.jpg


果たしてこの写真のように上手くいくでしょうか?

vaile-mansion-bathroom.jpg
(ヴィクトリアン・ハウスのバスルーム例。画像はお借りしています。)


大工さんは水平器を使って手際よくパネルを並べていきます。

P1480331.jpg


取り付ける位置を決めたら壁に接着剤を塗り

P1480337.jpg


ネイルガンでパネルを取り付けていきます。

P1480340.jpg


ここまで仕上がりました。

ただいま大工さんと義父は、トイレや洗面台の管が通っている部分のパネルに

ドリルで穴を開けています。

P1480343.jpg


あっという間にこのとおり。

P1480345.jpg


角を見ると大工さんが上手く計算して各パネルの幅を調整しているのが

わかります。

さりげないけれど大工さんの技が光ります。

P1480350.jpg

余談ですが大工さんは最近受けた講習で、『トコノマ(床の間)』について

習ったそうです。


2時間ほどで仕上がりました。

完全に今の流行りではないですが、ヴィクトリアンらしさはぐんとアップしたと

思います。

P1480360.jpg

洗面台(これはアンティークではありません。)の色合い、雰囲気とも良く合って

います。

夫はうれしさのあまり小躍りしています。


このウェインスコッティングの仕上がりにとっても満足していた私たちですが、

一つだけ気に食わない部分がこれ。

P1480359.jpg

気がついたら付いていたこの照明(付き換気扇)、新品なのにまるで1970年

代からやってきたような・・・おかげで1870年代の雰囲気ぶち壊しです。

どうにかできないか電気工事士さんに聞いてみなければなりません。


blog 残念ながらダサすぎる。by小次郎




Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[完成なるか改修工事:バスルーム編