スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by aomu0815
 
[スポンサー広告
キジの観察
前回の記事でホワイトアウト状態の中身動きが取れなくなっていた義父ですが

夜の8時半にようやく帰宅できました。

車の運転には自信がある義父ですが、あのようなホワイトアウトの中では

どうすることもできなかったそうで、たまたますぐ近くにあった知人のお店に

4時間ほど避難させてもらった後は、除雪車の後ろにぴったりとくっついて

町まで引き返しコーヒーショップなどで暇をつぶしたそうです。

何はともあれ事故もなく無事でよかったです。


さらに翌朝、義父母の庭を見ると防風林が一本倒れていました。

P1480640.jpg

この木が昨日の暴風の勢いを物語っています。


さて、天候に恵まれない日々が続くカナダ東海岸ですが、夫Kemuは毎日

リスのぐりとぐらのえさやりを欠かしません。

この日も雪の降る中、ピーナッツの袋を片手に2匹に会いに行ってきました。

P1480616.jpg

2匹は納屋の裏の林に住んでいますが、スノーシューが1足分しかない上に

寒さに耐え切れないので私はしばらく2匹に会いに行っていません。

最近ぐりが夫の頭や肩に乗って遊ぶようになったのですが、仲良くしている2人に

ジェラシーを感じたのかこの日はぐらも夫のスノーブーツの上に乗っていたそうです。

おまけにどこの誰だか分からぬ3匹目のリスも登場するようになり、夫は益々

野生動物とのふれあいに生きがい(?)を感じているようで・・・


先日刈られたトウモロコシ畑にもキジが集まっていることに気が付いた夫は、家の

すぐ裏に設置した鳥小屋の周りに鳥のエサを撒き始めました。

P1480548.jpg
(さりげなくトウモロコシ畑風に見せる工夫をしているのが面白い。)


すると見事にキジさん3羽登場。

P1480627.jpg


キジは怖がりなので、人影や物音を感じるとすぐに逃げてしまいますが

これなら家の中から至近距離でキジを観察できます。

P1480622.jpg

オスの白い首周りがアクセントになっていてカッコいいですねー

我が家はだんだんムツゴロウ王国みたいになってきています。



blog こちらただいまマイナス22度。by小次郎
スポンサーサイト
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[カナダの動物
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。