小さなドアの仕上げ
もうすぐ5月だというのに信じたくない光景ですが、ここカナダ東海岸では2日

連続で雪が降っています。

P1490276.jpg

残念ながらウィンタータイヤはまだ外せそうにありません。

もー雪はイヤだー!!


さて、我が家の改修工事ですが、今日はこのドアの話。

P10101085.jpg

これは我が家のダイニングルームの写真(購入時)です。

もともとは階段下の空間を利用した小さなクローゼットのドアとして使われていた

もので、改修工事終了後も同じ用途で使いたいのでペンキを落としてお直し

することにしました。


で、ペンキを落としてヤスリをかけ、シェラックニスを塗ったものの、他の作業が

忙しすぎてしばらく放置してしまっていました。

P1490079.jpg


そこで透明色のワニスを数回塗って、四角のパネルの内側部分にはこげ茶色の

カラーワニス(ウォルナット風の色)も塗布。

P1490104.jpg


これまでの他のトリムと同じ仕上げです。

P1490108.jpg


裏側も同じように仕上げて完成。

P1490111.jpg

経年変化によるパイン材のパティーナを生かしつつも、ピッカピカのドアに

仕上がりました。


最後にアンティークドアノブオタクの夫こだわりのドアノブを取り付けたら完成です。

といってもこの『ドギー』ドアノブは複製品です。(本物は高価すぎて取り付けられ

ません。)

P1490146.jpg

今後我が家に取り付けられるドアには、すべてデザインの異なるドアノブを取り

付けるのが夫の楽しみであり夢です。


blog 24種類の楽しみと夢。by小次郎

Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[完成なるか改修工事:内装編