スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by aomu0815
 
[スポンサー広告
天井に照明を取り付ける。
前回の記事でご紹介したグラウンドホッグの赤ちゃんは実は3兄弟でして、

毎日朝夕には家族5匹でお食事するところを見ることができます。

P1550488.jpg

彼らの主食は雑草ですが、私たちがリス用に置いているピーナッツも時々

拾ってポリポリ食べています。


今こちらはとても気持ちの良い天気が続いていて、娘とあちこちお散歩に

でかけています。

庭に咲くデイジーが好きで、私が取って持たせてあげるととても喜ぶので

少し摘んで家にも飾っています。

P1550502.jpg


さて、ブログをお休みしている間に、改修工事の話をどこまで書いたか

すっかり忘れてしまいました。

現状を先に申し上げておくと、我が家は5年経ってもまだ完成していませんが

ようやく住めています。 (とりあえずバンザーイ!)

今に至るまでの話を始めるとまた長くなりそうですが、どうかお付き合い

くださいませ。


今日は増築した部屋の照明についてです。

以前に天井にメダリオンを取り付けた話を書きましたが、その後取り付けたい

アンティークの照明がなかなか見つからず困っていたのです。

そしてようやく手に入れられたのがこちら。

P1490231.jpg

イーベイで売られていたこの照明は、アメリカのとある地方の古い裁判所で

使われていたものだそうで、お手頃な値段で手に入れることができました。

ただ、この照明自体は1890年~1900年頃のものなのに、一緒に付いて来た

大きな丸い3つのガラスシェード(写真には写っていません)が1970年代の

もののようで見た目がかなりちぐはぐでした。

そこで、サイズとデザインが合うガラスシェードを購入して取り付けたのが

こちら。

P1490530.jpg

この部屋は天井が高いので、上向き半円球のガラスシェードだと後々溜まった

ホコリを掃除するのが大変そう・・・だと思ったので、炎のようなトーチ形の

シェードにしてみました。

以前から夫によるこのメダリオンのチョイスに違和感を感じていた私ですが、

この照明と組み合わせると案外しっくりきていて、これは一本取られたと

思います。


ちなみにガラスシェードを購入したお店は、実際のアンティークから型を取って

複製品を作る米国の専門店で、複製品とはいえバラエティーに富んだ美しい

照明や金物類がたくさんそろっていて見ていて飽きることがありません。

興味がある方は、お店のHPをご覧ください。



blog 
スポンサーサイト
Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[完成なるか改修工事:内装編
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。