いよいよ1階のフローリング!
実は今年から我が家の庭に野菜畑を作ってまして、(とはいってもお世話をしてくれて

いるのはほとんど義父なのですが・・・)3人家族には多すぎるほどの大量の野菜が

出来ています。

形もサイズもバラバラですが無農薬ですし、おかげでスーパーで野菜をほとんど

買わなくていいので家計が助かっています。

P1560352.jpg

特にトマトとじゃがいもが美味で、野菜の味がしっかり感じられるのがうれしいです。


さて、今回の改修工事の内容はいよいよ1階の床の施工についてです。

1870年代頃に建てられたこの辺りの家では、よく下の写真のように2色使いの床が

見受けられます。

P1240339.jpg


P1240409.jpg

上の2枚はいずれもノバ・スコシア州アナポリス・ロイヤルにあるB&Bの写真です。

我が家も同時期に建てられた家なので、ぜひとも2色使いの床を実現したい!と

希望した夫。

しかし、さすがに床板一枚一枚を自力で塗装していくのは大変すぎるので、今回は

メープル(明るめの色)とウォルナット(暗めの色)でできた市販の床をホームセンターで

購入しました。

2色の床にする人はめったにいないので、発注を受けたホームセンターの人もびっくりの

様子でした。


さて、せっかくならばひと部屋ずつ違うストライプ模様にしたいと考えた夫。

いつも改修工事を手伝ってくれている大工さん親子に考えた図案を説明し、ダイニング

ルームから作業を始めました。

P1490813.jpg

いつもながら、夫のクレイジーなアイディアをすっと理解して実現してくださる大工さん

親子は本当にすごいと思います。


そしてこれが完成したところ!

ワオ!!!クレイジーだが格好いいぞ!!

P1490851.jpg

大工さんたちも今までこのような床を施工したことがなかったので、技術の見せがいも

あり仕上がりには大満足の様子。


と、うっとり眺めるのもつかの間。

ダンボールでカバーし再び改修工事の作業スペースになりました・・・

P1500026.jpg


続いて応接間。

ちょうど私が育児で超多忙な時期(←1年以上前の話です。)だったので作業中の

写真は撮れませんでしたが、ダンボールのカバーがない部分からちょっぴりストライプ

模様が見えているのが分かります。

P1490945.jpg


そしてこちらがリビングルーム。

P1500027.jpg

このデザインは大工さんの息子さんのアイディアです。

毎度毎度こんなちょっと変わったことをしてるので工事が5年も6年もかかっているの

ですが、とても面白い仕上がりになりそうです。


最後に突然のお知らせですが、来週11日~15日までノバ・スコシア州アマーストで

『ファイバー・アーツ・フェスティバル2016』が開催されます。

このイベントは今年で9回目を迎えまして、5日間朝から晩までキルトや編み物、ラグ

フッキングといった手芸関連の講習、展示、販売が盛りだくさんの手芸好きにはたまらない

素晴らしいイベントです。

手芸好きの日本の方にあまり知られていないのがとても残念なのですが、海外からも

毎年多くの参加者がいるようです。

興味のある方はこちらのイベントHPをご覧ください。

日本語訳があればいいのになぁと思いますが、すべて英語です。



blog 



Posted by aomu0815
comment:0   trackback:0
[完成なるか改修工事:内装編
comment
comment posting














 

trackback URL
http://aomu0815.blog132.fc2.com/tb.php/1127-b382aa14
trackback